IDM バトン
IDM BATON

IDM バトン とは

IDM TOKYO 2018開催に向けて、
デザイン界を牽引する
インテリア関連団体の方々に、
IDM TOKYO 2018のテーマ
「デザイン再起動」をキーワードに、
文を紡いでいく 「 I D M バ ト ン 」。
デザイン再起動 について
展開される切り口には、
これまで、これから、連携、希望、、、
と様々な想いがバトンを通じて
展開されていきます。

永井 資久
一般社団法人日本商環境デザイン協会 副理事長
永井 資久
JCD HP : http://www.jcd.or.jp/

「IDM バトン」五人目は、JCD 日本商環境デザイン協会 副理事長の永井 資久。
永井氏のバトン、これから起こることへの期待パワーにあふれています!

「インテリアデザイン・ミーティング」愚直でいいネーミング、意志を感じますね。

今回のIDM は、インテリア領域に関わる方々の連携として、様々な活動を通じて、業界の隔壁を飛び越え、緩やかな連携で活性化させようということで始まりました。
今まで何故できなかったのか?何故行動しなかったのか?が不思議なくらい。
まさに、今しかできない感じがします。
何か得体の知れないものがパンパンに膨らんで。。。。。
皆さん、恐らく同じことを思われていたのでしょうね、一挙にインテリア関連24 団体の同志が大集結!
何ができるか、どこまでいけるか、まだまだこれからが楽しみ。
まさに時代が求める新しいムーブメントだと思います。

「デザイン再起動!」

連続した空間のデザインですので、当然インテリアデザインの領域は曖昧です。
個人的には建築家もインテリアデザイナーもインテリアプランナー、インテリアコーディネィター、インテリアデコレーター、建材メーカー様々に自分の得意分野で活躍し、専門と認識した部分を深く探求していけば良いのではとも思っています。
また、建物、内装、家具、カーテン、カーペット、装飾、照明等々、好きな人、得意な人々が自由にデザインしていける時代です。
そこで、今までの概念を取り払い、新たな領域を模索し、連携し、情報交換をしながら更に始動するために、この場があると思っています。
まさに、デザイン再起動!、そのためにはこれからを担う若い皆さんのパワーが重要な起爆剤となると確信しています。
是非、皆さんのパワーを世の中がひっくり返るくらい爆発させてください。

「デザインは爆発だ!」でありますw。


永井 資久