IDM バトン
IDM BATON

IDM バトン とは

IDM TOKYO 2018開催に向けて、
デザイン界を牽引する
インテリア関連団体の方々に、
IDM TOKYO 2018のテーマ
「デザイン再起動」をキーワードに、
文を紡いでいく 「 I D M バ ト ン 」。
デザイン再起動 について
展開される切り口には、
これまで、これから、連携、希望、、、
と様々な想いがバトンを通じて
展開されていきます。

戸矢崎 弘美
JIPA 事務局長
IDM TOKYO 2018 実行委員
戸矢崎 弘美
JIPA HP : http://jipa-official.org/

「IDM バトン」九人目は、一般社団法人 日本インテリアプランナー協会「JIPA」事務局長の戸矢崎 弘美。
様々なことが広がっていく環境創りが大事と考える戸矢崎氏。

一昨年より少しずつ準備を進めてきた「IDM」が、だんだんと大きな形になってきた今、多くの先輩方が、共通の問題意識を持たれていることを実感しました。
それは、インテリア界の今後、若手の方々に、どう活躍の場を広げていき、今後を背負っていってもらえる環境をどう創るか?ということです。

「日本のインテリア」という認識が出始めて60年ほど経った今、ほぼ還暦を迎えたタイミングで「再起動」というキーワードが出てきたことは、必然だったようにも思います。
リセットではない「再起動」とは、過去の英知を引き継ぎ、未来の社会へ投影する。
という文節に表されているように、同じ時系列上での分岐点だと思います。

この「再起動」をきっかけに、皆さん、感じることがあるのではないでしょうか。インテリア界、自社、個人、様々な視点での「再起動」があると思います。なぜこの商材を勧めたいのか?なぜ空間を創りたいのか?なぜ自分がこの仕事をしているのか?等々改めて今までの社会への関わり方、これからの社会への関わり方を各々が考えるきっかけであればと願っております。

このタイミングで、今までバラバラと活動していたインテリア関連団体が、初めて一緒になにかしよう!と集結し、同じ方向を向いて動き出したのも「再起動」だと皆、認識しております。

今回の「IDM TOKYO 2018」を通じて、皆さんにとって「再起動」とは何か、を考えて頂き、新たな形で表現できるイベントになれば幸いです。
強いては、自社、自分が今までなにを目指してきたか、今後、なにを目指して進むかを再確認できるきっかけとしてのイベントになればと願っております。
皆が、一度原点に戻り、これからの若手の方々と共に再起動することによって、今後の活躍の場、環境が大きく広がっていくのではないかと確信しております。

このイベントのみならず、今後の「IDM」の活動にもご注目頂き、共にインテリア界を、盛り上げていきましょう。


戸矢崎 弘美