IDM バトン
IDM BATON

IDM バトン とは

IDM TOKYO 2018開催に向けて、
デザイン界を牽引する
インテリア関連団体の方々に、
IDM TOKYO 2018のテーマ
「デザイン再起動」をキーワードに、
文を紡いでいく 「 I D M バ ト ン 」。
デザイン再起動 について
展開される切り口には、
これまで、これから、連携、希望、、、
と様々な想いがバトンを通じて
展開されていきます。

丹羽 浩之
公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)
理事長
丹羽 浩之
HP : https://www.jid.or.jp/

「IDM バトン」12 人目は、公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID) 理事長 丹羽浩之(にわひろゆき)。
丹羽氏のバトンは、つながっていくことの可能性を渡してくれます。

公益社団法人日本インテリアデザイナー協会(JID)は1958年に活動を開始し、今年で60周年の節目の年を迎えます。

これまでの60年間には時代の追い風もあり、様々な空間デザイン インテリアデザインの団体が生まれ、現在も人口が減少していく国内において大小様々なデザイン団体が存在しています。

世界がグローバルにシフトし、そして我々自身もボーダレスに個と個が繋がれる世の中で、国内の様々なデザイン団体の垣根を超えて、緩やかに個と個 集まりと集まり が ツナガッテいくことで、きっとそこには未だ見ぬ新たなシナジーと創造が生まれ、日本のインテリアデザイン業界全体の再起動へと繋がっていくでしょう!
必然的な運動体「IDM」デザイン再起動!
もちろん全面的に応援します!!

未知なる可能性へ向かって


丹羽 浩之