IDM バトン
IDM BATON

IDM バトン とは

IDM TOKYO 2018開催に向けて、
デザイン界を牽引する
インテリア関連団体の方々に、
IDM TOKYO 2018のテーマ
「デザイン再起動」をキーワードに、
文を紡いでいく 「 I D M バ ト ン 」。
デザイン再起動 について
展開される切り口には、
これまで、これから、連携、希望、、、
と様々な想いがバトンを通じて
展開されていきます。

橋本 夕紀夫
IDM TOKYO 2018
中央インスタレーションデザイン
橋本夕紀夫デザインスタジオ
橋本 夕紀夫
HP : https://www.hydesign.jp/

「IDMバトン」15人目は、IDM TOKYO 2018の中央インスタレーションデザインを手掛ける橋本夕紀夫デザインスタジオ 橋本 夕紀夫。

「再起動」という言葉の持つ意味と重みは多分20世紀と今とではずいぶん違ってきているのではないでしょうか。

昔は再起動というと何か取り返しのつかないような事態が起きて、大変手間のかかる作業をしてやっとの思いで修復できた事のようなイメージがありました。
ところが最近は再起動という言葉は普通にいろいろな場面で使われます。特にパソコンやスマホ等はちょっと具合が悪くなった時は再起動すれば簡単に修復することができます。
そのような点で現代では再起動という言葉は非常に軽やかに使われています。

このような話をしたからと言って決してこの状況をネガティブに捉えている訳ではありません。むしろ大変面白い感覚が現代人に生まれつつあるというように考えています。

何事も簡単にリセット・リスタートできればいろいろなことにトライ・チャレンジしようという意識が芽生えますし、人生を何倍にも楽しむことができます。
クリエイティブに関しても、何かに躓いた時にはそれまでの事に執着せず再起動することによってより新しい考えの道を開くことが可能になるのではないでしょうか。


橋本 夕紀夫
NEXT >>